フィギュアダンプ(筋トレプログラム編)

2回目の今日は、フィギュアダンプ(筋トレプログラム編)に挑戦です。

見てください、このチョンダヨンさんのりりしいお顔。それもそのはず、このプログラムでは例のダンベルを使用します。

パッケージを開けるとまずDVDより先に目に飛び込んできた、このダンベル。存在感ありありなんですよね(笑)

ダンベル1個の重さは0.7kgです。女性にとっては無理じゃないけど結構効きそう〜〜っていうちょうどいい重さでしょうか。わたしはちょっとドキドキですけど。

DVDを見ると、ダンベルはこうやって親指を向こうに回さず、他の指と並べて持つのが正しいみたいです。

プログラム自体はソフトですが……

実際にやってみると、ダンベルを持っていてもさほど苦痛に感じるほどきついプログラムではありませんでした。意外にソフトな内容で、このフィギュアロビクスの人気が高い理由はその辺にあるのかもって思いました。あまりにきついプログラムって、結局は長続きしませんからね。

それでも、実は結構知らずに負荷がかかっているようで、いつの間にかダンベルの持ち方が変わっちゃうんですよね。自分で感じている以上に、筋肉には効果が届いてるんだと思います。無意識に楽を仕様と持ち替えちゃうんだでしょう。我ながら情けなっ!!

じっとりと汗をかいていました

長袖を着て始めたせいもあるでしょうが、プログラムを終えるころにはじわ〜っと汗が出ていました。結構代謝がいい方なので(20代の代謝といわれてます!プチ自慢)汗もよく出る方ではあるのですが、さほどきつく感じないのにこんなに汗をかくというのはちょっと新鮮な体験でした。

 

次のページフィギュアマットへ⇒

 

Copyright (C) チョンダヨンのフィギュアロビクス。私の画像レビュー. All Rights Reserved.